外壁塗装の情報が満載!

マンションの外壁塗装の流れ

マンションの外壁塗装の流れ マンションの外壁塗装は一般的に次のような流れで行われます。
まずは外部に足場組みです。
基本的には外部ビデ足場というものが使用されますが、建物が高層の場合は高所作業車を使用するケースもあるでしょう。
次に行われるのがシートでの養生作業。
塗料が風などで浮遊しないように外部足場の外側にしっかりと取りつけますが、この養生の仕方次第で外壁塗装の品質が左右されることになるので、職人の腕が問われる作業と言っても過言ではありません。
更に各部屋の開口部などにも塗料が付着しないように入念に養生が行われます。
養生の後は高圧洗浄機を用いた洗浄作業が行われるわけですが、汚れていては新しい塗膜の付着が弱まってしまうので、時には薬剤を使用して丁寧に洗浄していきます。
既存の外壁にひびなどが入っている場合には、コーキングや防水モルタルによって補修作業も実施したり、塗膜の剥がれがある時はサンダーなどできれいに除去すれば下準備が完了。
いよいよ塗装作業に移るのですが、まずはコーキング施工がされている箇所の打ち直しに続いて、外壁の素材と塗料を密着させるための重要な工程である下塗りを行っていきます。
下塗りのあとは中塗り、上塗りと続いていきますが、いずれもきちんと乾燥したのを確かめた上で万遍なく塗布していきます。
最後に養生と外部足場を解体し、後片付けと掃除をして終了です。

マンションの外壁塗装の注意点

マンションの外壁塗装の注意点 マンションの外壁塗装を行う際に一番注意したいことは、塗装の完了までに時間がかかるということです。
屋内の塗装とは異なり露出部分を全体的に塗装しなければならないため、作業を始めてからすべてが終わるまでに長期間かかることがほとんどです。
そして二つ目の注意点は入居者の理解を得なければ塗装ができないということです。
マンションに居住している人がいるのであれば、マンションの住環境をよくする必要があります。
しかし外壁塗装を行う際には、さまざまな意味で居住者には迷惑をかけることとなります。
多くの場合、足場を組んで塗装をすることになるので、入居者は洗濯物を外に干すことができず、塗装によってにおいが発生するなど、入居者には多くの迷惑や不便をかけてしまうことでしょう。
これにより入居者とトラブルになってしまうことも考えられるため、外壁塗装を行う前には必ず事前に説明を行い、理解を得ておくことが大切です。
説明の内容としては、どれくらいの間工事が続くのか、工事期間中に入居者にはどのような制限がなされてしまうのか、そしてにおいの発生状況についてなど、外壁塗装をする際に考えられることについてすべての説明を行うことにより、トラブルを未然に防ぐことができるでしょう。

外壁塗装関連リンク

外壁塗装を東京で行う